アクセサリーの選びの際の注意点と気を付けるべきこと

こんばんは!

さて今回は、アクセサリーの選び方というタイトルで、記事を書かせていただきます。

まだ少ない記事数ではありますが、アクセサリーはどういうもので、
つけることでどんな風に見せられるのかを話させていただきましたが、
じゃあいざ、ショップに足を運んで、あるいはECサイト等で購入するとき、
どんな風に選べばよいのか、どういう基準で選べば良いのか、
これまでの私の経験踏まえてお伝えしていこうかと思います。

①500円玉と比較してみる

まずは、明確でわかりやすい基準を示したいと思います。

これは私がよくやることですが、ほしいと思ったアクセサリーが見つかった場合、その部位に500円玉をおいて、そのほしいアクセサリーと比べてどっちが目立つか比較するというやり方です。例えば、リングが欲しい!と思った場合は、指に500円玉をおいて見てください。

そのリングが500円玉より目立つなと思うようならば、ちょっと派手すぎるかもしれません。

500円玉は直径が26.5㎜で、ちょっと小ぶりな時計の盤面くらいのサイズです。
これより大きいサイズのアイテムが来ると、かなり目立ちます。

試しに指においてみてください。結構目立ちます。

仮にシルバーアクセサリー持ってなくてもはんだする材料にできるかと思いますので、是非試して見てください。

②単品の美しさ、カッコよさだけで選ばない

これは、よく陥りがちな問題です。

服でも、単品で気に入って買ってみたものの、帰って手持ちのアイテムと合わせてみるとなんかイマイチってこと、ありませんか?

これはアクセサリーも同様です

なので、アクセサリーを選ぶときは、全体コーデとのバランスも見て、選ぶようにしましょう!

この私がブログやインスタでアクセサリー単体だけでなく、
コーデを載せているのも、あくまでアクセサリーはファッションの一部
コーディネートの一部であり、つけることで着ている服をさらにオシャレにできるということを提案するためにやっています。

ただ厄介なのが、アクセサリーは、単体でも美しく、
どうしてもファッションから切り離されて考えられがちです。
試着したとしても、腕周りや首回りでの着用感くらいしか確認してないこと多いのではないでしょうか?
アクセサリーをつける部分だけで見るのではなく、是非全体でみてみてください!

③試着するときはシンプルコーデで!

前述の全体のバランスを見るということにも通ずる話なのですが、いざ試着して全体を見るときに、派手なコーデだと全体がごちゃごちゃしてしまいます。

アクセサリーはファッションコーデに対するアクセント、料理でいえば調味料のようなものです。素材の味ががっつりついているところにスパイス足していくと、ごちゃごちゃした味になっておいしいとは感じませんよね?

アクセサリーを試着してみるときはデザインが奇抜なものであったり、柄が多いものは避けて、アクセサリーをつけた時の印象を確認するのがベターです。

いかがだったでしょうか?

アクセサリーもファッションの一部だと改めて考えて、全体のコーデを意識すればシルバーアクセで効果的にオシャレにみせることができると思いますので、是非試してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です