アクセサリーの素材について ~シルバー編~

こんにちは!

最近暑くなってきましたねー
トップスも半袖を着る機会が多くなり、アクセサリーが映える季節になってきましたね!笑

ところで、アクセサリーの「素材」について気にしたことはないでしょうか?

シルバーやゴールド、ステンレスやブラスなんかもありますが、

それぞれの特徴や特性をご存じでしょうか?

今回はアクセサリーに使われる「素材」について、解説していこうかと思います。

第一回は、基本の基本、シルバー(銀)についてです!

天然の自然銀の画像   引用元:新版 美しい元素より

多くのアクセサリーに使われているシルバーですが、一言に「シルバー」といっても色んな種類があります。

アクセサリー等には「スターリングシルバー」が使われています。

もしお手持ちのシルバーアクセサリーがあれば見ていただきたいのですが、

どこかに「925」「SV925」という刻印がありませんか?
(下の画像は私の私物のリングです。)

スターリングシルバーはSilver925とも呼ばれています。

925は「銀が92.5%含有されている合金ですよ」ということを表しています。

92.5%なのに、925?と不思議に思われたかもしれません。

銀の含有量は1000分率を使って表現されるため、このような表記になっております。

余談ですが、プラチナも同じように1000分率で表現されます。
もし結婚指輪を見る機会があれば確認してみてください。Pt900とかPt850と刻印あるはずです!

スターリングシルバーは強度に優れており、アクセサリーを含む宝飾品に一般的に使われる素材になります。世の中に流通しているシルバーアクセサリーの大半はこのスターリングシルバーです。

なんで純銀じゃだめなの?と思うかもしれません。

実は純銀は強度が低く、アクセサリー等負荷や衝撃がかかるようなものには向いていません。

この他には以前派アクセサリーによく使われていたブリタニアシルバー(SV950)、コインシルバー(SV900)、
また金やパラジウムを混ぜて色身をつけているピンクシルバー(画像参照)等、様々なものがあります。

画像引用元:”https://www.amazon.co.jp/%E3%83%9A%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0-%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%89-%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88-%E3%82%B7%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%BC-%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%AB/dp/B00AKN8L76

さていろいろあるシルバーですが、なんで古くから現在まで使われてきたのでしょう?

それはシルバーの持つ特性が大きく影響しています。

①反射率が金属中最強!

銀は物理的な性質として可視光域の光をほとんど反射します。故にきっちり表面処理を施せば、綺麗な輝きを持つ素材であるというのも宝飾品として珍重されてきた一つの理由と思われます。

②意外と反応しやすい

いぶし銀という言葉を聞いたことある方も多いかと思います。これは、銀が硫黄と反応して黒ずんだ状態を指します。その昔は銀食器が、毒殺のために使われていた硫化ヒ素を検出するのに役立っていたとのことです。

硫黄分は空気中や皮膚の成分(タンパク質)にも微量に含まれており、銀製品を使い続けることでいぶされ味のある雰囲気になっていきます。

③時効硬化

銀には熱処理後、時間経過と共にその硬度が増していくという性質があります。

彫金やってると常識なのですが、銀を加工する前には一回バーナー等で熱してから作業をすると加工しやすくなります。(所謂、なましというものです)

鉄だと熱処理のスピードによって金属組成が変化し、強度が変わってしまったり、酸化して表面がぼろぼろになってしまったりで大変なのですが、銀は熱したあと急冷してもある程度やわらかいままなので、加工が用意と言えます。

いかがだったでしょうか?

正直、シルバーの魅力についてはまだまだ語り足りないくらいなのですが、

魅力的な素材であることはご理解いただけたでしょうか?

今後もアクセサリーに使う素材についてはちょこちょこ紹介していこうかと思いますのでよろしくお願いします。

<引用文献、サイト>

1.新版 美しい元素  株式会社学研プラス

2.ウィキペディア https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8A%80

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です